スーパーPフォース

スーパーPフォース

スーパーPフォースは、バイアグラのジェネリック医薬品です。

スーパーPフォースには、有効成分シルデナフィルと、ダポキセチンの両方が含まれているため、勃起不全と早漏症を改善してくれます。

ED症状に悩む人の実に3人に1人が、同時に早漏症にも悩んでいるというデータがあるほど、ED症状と早漏症は併発されがちな症状です。
このスーパーPフォースは、そのどちらも改善してくれるハイブリッドなジェネリック医薬品です。

スーパーPフォースの効果

スーパーPフォースの有効成分は、シルデナフィルと、ダポキセチンです。

シルデナフィルは、有名ED治療薬バイアグラと同じ有効成分であり、陰部の血流を良くし、ED症状を改善してくれます。

ダポキセチンは、早漏症改善薬ポゼットの有効成分であり、過度な脳の興奮を抑え、射精までの時間を3~4倍に伸ばしてくれます。

スーパーPフォースの早漏症改善効果は大変強力で、早漏症ではない人が服用すると射精できないことがあります。
そのため、早漏症でない人のスーパーPフォース服用はおすすめしません。

またスーパーPフォースには、シルデナフィル成分も1錠に100mg配合されているため、ED症状の改善効果も強力です。

スーパーPフォースの服用方法

スーパーPフォースは、性行為の1時間前に、空腹状態で服用します。
基本は水で服用しますが、水がない場合には清涼飲料水、お茶やアルコールでも問題はありません。
ただし、脂肪分が含まれる飲料、例えば牛乳などはお止め下さい。薬の吸収を妨げる可能性があります。

スーパーPフォースの有効成分シルデナフィルは食事の影響を受けやすいため、空腹状態での服用をおすすめしています。
食中食後に服用してしまうと、効果発現までの時間が長くなったり、充分な効果を得られなくなってしまう場合があります。

空腹状態で服用すれば、30分程度で効果が発現し、4~6時間程度持続します。

スーパーPフォースは他の薬剤に比べて量が多めなので半錠もしくは3分の1錠でも充分な効果を得ることができます。
効果が高い分副作用も強く現れる傾向にあるため、初めて服用する場合や、身体の小さい方は、ピルカッターなどで割錠し服用して、効果が充分でないと感じたときにだけ徐々に量を増やしてください。

スーパーPフォースの副作用

めまい

スーパーPフォースの副作用として、顔の火照り・血管拡張作用に伴う頭痛や動悸・血圧低下による眩暈・興奮・下痢・鼻水・不眠・視覚障害などがあります。

作用時間内におさまるようであれば、問題ありませんが、どうしても気になる副作用や、効果時間を過ぎても症状がある場合は、医師の診断を受けましょう。

服用後は車などの運転を避けて、気分が悪くなった時には重篤な副作用が発現する可能性が高いので直ぐに医師に相談します。

硝酸剤やHIV治療薬、抗真菌薬、抗不整脈薬を服用している方などは、スーパーPフォースを服用してはいけません。
また、スーパーPフォースは副作用として血圧を2~3下げてしまいます。低血圧の人や、高血圧で血圧を下げる薬を普段から服用している人も、スーパーPフォースを服用すると血圧が下がりすぎて危険な場合があるため、服用してはいけません。
普段服用している薬がある場合、シルデナフィルとダポキセチンの併用禁忌薬に当てはまらないか必ず確認し、医師に相談をしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ