スーパーゼビトラ/スーパージェビトラ

スーパーゼビトラ/スーパージェビトラ

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)は、レビトラのジェネリック医薬品です。

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)は有効成分として、バルデナフィル20mgと、ダポキセチン60mgの両方を含み、勃起不全と早漏症を同時に改善してくれます。

ED症状に悩む人の3割以上が、早漏症も同時に併発しているというデータもあるほど、併発されがちなのがこのふたつの症状なのです。
どちらの症状も一度に解消できるスーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)は、ハイブリッドなジェネリック医薬品と言えるでしょう。

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)の効果

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)はの有効成分は、バルデナフィルと、ダポキセチンです。

バルデナフィルは、有名ED治療薬レビトラと同じ有効成分であり、陰茎の血流を良くし、勃起をサポートします。
また、バルデナフィルは大変水に溶けやすいという性質を持つため、即効性があります。
スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)服用後、空腹状態であれば、20分程度で効果があらわれます。

ダポキセチンは、早漏症改善薬ポゼットの有効成分です。
ダポキセチンは、脳の過度な興奮を抑えることによって、射精までの時間を3~4倍に伸ばしてくれます。

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)は、他のED治療薬に比べ、錠剤が小さく、服用しやすいのも特徴です。

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)の服用方法

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)は、性行為の1時間前に、空腹状態で服用します。
空腹状態で服用した場合、20分程度で効果が発現し、6~8時間程度持続します。

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)の有効成分バルデナフィルは食事の影響を受けにくいとされていますが、全く受けないというわけではありません。
腹7分目程度の量であれば問題ありませんが、過度な飲食後の場合、効果発現までの時間が遅れたり、効果が薄くなってしまうことがあります。
できるだけ空腹状態で服用してください。

1日の服用は1回までとし、再度服用する場合は、24時間以上あけてからにしてください。

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)の副作用

副作用

スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)の副作用としては、顔の火照りや頭痛といった症状が主ですが、人によっては鼻づまりやめまいなども報告されています。
しかし多くの場合、副作用の症状は軽いものが多く、長引くことはほぼありません。

どうしても気になる副作用や、効果発現時間を過ぎても副作用がおさまらない場合は、医師に相談しましょう。

突発性肥大性大動脈弁下狭窄症や大動脈弁狭窄症などの疾患を抱えている人や、硝酸剤やHIV治療薬、抗真菌薬、抗不整脈薬を服用している方などは、スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)を服用してはいけません。
また、スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)は副作用として血圧を2~3下げてしまいます。低血圧の人や、高血圧で血圧を下げる薬を普段から服用している人も、スーパーゼビトラ(スーパージェビトラ)を服用すると血圧が下がりすぎて危険な場合があるため、服用してはいけません。
併用禁忌薬等もあるため、普段服用している薬がある場合、必ず確認し、医師に相談をしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ