シアリス

シアリス

シアリスは3大ED治療薬と呼ばれるバイアグラ・レビトラ・シアリスの中で一番最後の、日本では2007年7月に誕生したED治療薬です。

従来のED治療薬バイアグラ・レビトラと違うシアリスの特徴として、効果持続時間が最大36時間と圧倒的に長いことが挙げられます。

これにより、今まで薬の効果時間を気にしていた人も、プレッシャーや不安を感じにくく、シアリスの登場によりED治療の新しい選択肢がうまれました。

金曜の夜服用して日曜日の朝まで効果が保たれることから、シアリスは「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

シアリスの効果

シアリスに含まれる有効成分は「タダラフィル」です。
この成分がどのくらい含まれているかで[5mg][10mg][20mg]と呼び名が変わります。

シアリスの有効成分タダラフィルが、人間の本来もつ「勃起を抑制する酵素」のはたらきを阻害することによって、陰部の血行を良くし、勃起をサポートします。

このシアリスの主成分であるタダラフィルは水に溶けない性質を持っています。
これにより効果発現までの時間が1~4時間と個人差がうまれますが、36時間という長い効果時間を発揮することができます。

また、シアリス錠は、媚薬や精力剤ではありません。
そのため、シアリス錠を服用したからといって、性的興奮を受けない限りは勃起することもありません。

シアリスの服用方法

お酒

シアリス錠は性行為をする3~4時間前に飲んで下さい。
体調や体質により、効果発現までの時間に1~4時間と幅があります。

食事の影響は少ないとされていますが、全くない、というわけではありません。
軽めの食事であれば、影響は受けませんが、できるだけ空腹状態で服用するほうが効果発現までの時間も早くなります。
空腹状態で服用ほうが好ましいでしょう。

1日の服用は1回までとし、再度服用する際は24時間以上あけてください。

適度な飲酒はリラックス作用がありますが、アルコールを飲み過ぎると神経伝達が悪くなるため性的刺激を受け難くなり勃起力が極端に低下する場合があります。
過度な飲酒をした場合薬も効かなくなるため、注意が必要です。

シアリスの副作用

シアリスの副作用は、バイアグラやレビトラに比べ、マイルドなものになっています。
シアリスの副作用としては目の充血や頭痛、顔のほてり、鼻づまりなどが報告されています。

どうしても気になる副作用がある場合や、効果時間内におさまらない場合は、医師に相談しましょう。

また狭心症のニトロ系(硝酸剤)の治療薬を服用している方や、治療による管理のされていない不整脈の方、6カ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴のある方、高血圧で血圧を下げる薬を服用している方、低血圧の方など、シアリスを服用することができない方もいます。
普段から服用している薬がある場合などは、必ずシアリスの併用禁忌薬を確認し、医師に相談してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ